今こそクラブと個人の目線の高さを。対大宮戦 超個人的プレビュー

モンテディオ

個人的には満足した日本代表戦から2日。
J2に休みはありません。(これがJ2のいいところだったりします。)

 対大宮戦。以前、”目線の高さ”を題材に相模原線をプレビューしましたが、数字上も昇格がなくなったここからは、今年の順位をできる限り上に押し上げるのか?選手のテストに使うのか?来年に向けた戦術をテストするのか?等まさにクラブと個人の目線の高さが問われる残り4戦になります。
 個人的には監督歴もそう多くないクラモフスキー監督が来年に向けてやりたい戦術のテストに使うのもありだと思っています。

⚽対相模原戦 超個人的プレビュー 「目線は高いか?低いか?」
秋田戦、奥羽本戦で今シーズンの初タイトルを得た我らがモンテディオ。あくまで前に進む。今節は降格争いに真っ只中の相模原。監督交代がなかったらと思うとぞっとするが、(松本山雅もやばいが・・・)山形的には前節同様に各々の目線がどこに向い...

 大宮は現在降格圏まで勝ち点3差の17位。崖っぷちです。相当な覚悟で山形に乗り込んでくるのは想像に難くありません。
 この覚悟に飲み込まれるのか、覚悟を超える目線の高さをもって返り討ちにするのか、山形の方針と合わせて興味深い一戦になります。

 大宮の過去3戦のパスソナーです。

○ 対山口 1-2

パスソナー・パスネットワーク

○対京都 0-1

パスソナー・パスネットワーク

○対磐田 1-2

パスソナー・パスネットワーク

 さすがに磐田戦はボールを持てませんでしたが、基本的にはしっかりボールをもってつないできます。技術的にもしっかりした選手が多く、どちらが主導権を握れるかがポイントになりそうです。
 本当にこのチームが降格のピンチに陥っているのかが、理解できないチームです。これなのでJ2は難しい・・・


 特に左サイドの奥貫選手(11)には要注意です。サイドからのドリブル、クロスは非凡なものがあります。山形は攻撃から守備に移った時にサイドが空いてしまう問題点がありますので、ポゼッション時に悪い取られ方をすると、いいようにやられてしまう可能性があります。

 スタメン予想です。
(4-4-1-1) 右からGK 藤嶋、DF半田、熊本、山崎、山田拓、MF マルティノス、国分、南、樺山 FW 山田康、ヴィニシウスアラウージョ

 疲労が見える藤田選手、中原選手はさすがに休ませ、国分選手、マルティノス選手の先発を予想します。特にマルティノス選手は期待に応えているとは言えない状況ですので、起死回生の活躍を期待したいところです。DMF陣はワイドに開くマルティノス選手に早めに預け、充分スペースがある状況でのプレーを促して頂きたいと思います。”反逆のマルティノス”を期待しております。

⚽マルティノスとは何だったのか? 3
出場試合数:9、ゴール:0、アシスト:1栃木戦で初アシスト。ですが・・・・入団時の期待は大幅に下回ったまま、昇格の可能性が消えてしまいました・・・。マルティノス選手の現状に思うところ(活躍できない理由とこれ...

ポイントです。
①初めの5分でボールをコントロールして、試合を支配すること
②DMFの上りはギリギリまで我慢すること
③相手のサイドアタッカーにはSBとSHの2人で当たること
④決定力に頼らず、チャンスを数多く作る。
⑤マルティノスに早めに預ける(マルティノス選手先発の場合)
です。

 特に①。この試合も始めの5分重要です。早めにポゼッションして相手を押し込んでゲームをスタートさせたいところです。

 ・・・・話は変わりますが、昨日の代表のベトナム戦。ベトナムの19番(グエン クアン ハイ選手)とってもいい選手でしたね。できれば獲得できないものか・・・。こういう選手って獲得するにはいくらくらいするんですかね?
 体力もあって、さぼらずにプレーして、突破力もあってというボスが好きなタイプと思いますが。。。来年に向けてた最重要補強ポイントのサイドアタッカーにはもってこいと思ったりしました。

 では、あくまで、目線は高く。

↓妻が沖縄から山形に引っ越してきた時の話

沖縄から山形へ移住した話|すーさんママの生活 第2章
今から16年前 沖縄生まれの私、故郷を離れ 未来の結婚相手在住、山形へ移住 いきさつはこちら

↓よろしければクリックを。。

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました