⚽さて、と、対栃木戦 超個人的プレビュー

モンテディオ

いろいろありますが、切り替えて対栃木戦プレビューです。
こんな気分になったのは柱谷監督のあの事件以来でしょうか。

さて、と、

 過去3試合の栃木のパスソナーです。パスが多いほど選手間のラインが濃くなるわけですが、ご覧の通り、ほぼラインがありません。

これが前節山形の対群馬戦のパスソナー。

 もう少し振り返ってみても結果は同様です。つまり、栃木はボールを持ってきません。
相手のアクションで警戒するべきは豊田選手、矢野選手を先頭にしたプレッシング、ショートカウンターとセットプレーとなります。

 一方で山形の攻撃面では、栃木のプレスをかわせるか?につきます。ある程度運んでしまえばやりたい放題できるでしょうが(点が入るかは別)、外せないとなると、そこには元山形の(鳥栖とは言わない)豊田選手がいます。
 ビルドアップ時に相手に不用意に渡してカウンターというところは本当に注意しなければなりません。

ポイントはもう2つあります。

①栃木の順位。降格圏まで勝ち点5ということで、引き分けでOKということも考えられる。
②試合が日曜日。土曜日の京都の結果いかんによってはモチベーションが下がりかねない。

というなかなか相手、シチュエーションとも難しい試合になると考えています。

スタメン予想です。

(4-4-1-1) 右からGK 藤嶋、DF山田拓、野田、山崎、半田、MF 中原、藤田、南、樺山 FW 山田康、ヴィニシウスアラウージョ

半田選手は若い(;’∀’)ことと、木曜日の代表戦の強度がそんなでもなかったので先発としました。結果的には変更はありません。前節で凝りましたので、あまり冒険はしません・・・。

ポイントは今まで通りです。
①有効な攻撃を繰り出し続けて先制点をあげれるか
②前線のパス回しでミスを犯し(特にボランチ2枚、SB2枚が同時に飛び出す時)カウンターを食らわない
③山田康選手がサイドに流れすぎない
④藤田選手の上りは効果的なタイミングで
⑤目線を高く。(精神的な意味で)

 特に②が重要。中原選手・樺山選手への裏取りのパスを早めに入れておくことは有効と思います。どうしてもサイドで詰められる場合も出てくるので、裏に出すか、つなぎなおすかの選択ミスをしないように注意です。一度つなげるようになれば、ボールは持ち続けることはできると思いますので、早めに先取点・2点目を取って安心したいところです。

 思い返せば3月の栃木戦から歯車は狂いだしました。歯車が正常、かつ力強く回っていることを証明するためにも、きっちり勝ち切りたいところです。

神戸体操 伝統継承|すーさんママの生活 第2章
ご当地体操って各地にあるんだ ラジオ体操第1と第2しか知らない私 体育祭で 長男から聞いてた神戸体操披露された おぉ!噂
にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました